​Wedding Report

 Keita&Tukimi
​【会場】糟屋郡  レストラン茅乃舎
【人数】50名
【新婦のパーソナルカラー】サマータイプ
【メインカラー】ソフトホワイト・グリーン
 
dressJUNO
flowertsumugi
​【color coordinateColourTree
以前、アミスウェディングでご提案する前撮りプランについて考えていた時に「食事と前撮りを兼ねたプランを作ろう!」と考えすぐに候補に挙がったのが、糟屋郡久山町にある茅乃舎さんでした。
 
車を走らせていくと突然、茅葺き屋根の古民家が見えてきて一気に別世界。山里の風景に溶け込んでいて本当に素敵です!
​茅乃舎さんといえば、あごだしや野菜だしが有名で私もいつもお世話になっていますが、お料理も本当に美味しくて、私もますますファンになっていました。
そこからのご縁で茅乃舎さんの結婚式を手掛けさせて頂くようになって、今回お手伝いをさせて頂いたお2人も茅乃舎さんよりご紹介を頂きました。
おおらかで柔らかい雰囲気の啓太さんと、透明感があってエレガントな月美さん。お打合せの時もいつも穏やかな空気で癒されました。
お支度完了後、縁側やお庭での記念撮影です。
月美さんのパーソナルカラー診断の結果は「サマータイプ」。レースをあしらったドレスや7月の花嫁らしいアジサイブーケの薄紫色など、サマータイプの方が最も得意とするソフトでエレガントな雰囲気に統一した装いが本当に素敵です!そして、日本的な風景に洋装・・・という組み合わせもいいカンジで調和していました。
​結婚式の開宴前とは思えない、優しくてゆったりした時間が流れていました~。
その頃ゲストの皆様は、レストランにて一足お先にお料理を召し上がりながら、お2人の入場を心待ちにしていらっしゃいました。
実は啓太さんは久原食品にお勤めでして、お2人の写真をラベルにプリントした「キャベツのうまたれ」がテーブルにご用意され、いきなり盛り上がっていました。
私にもプレゼントして下さり「もったいなくてなかなか使えないなぁ」と思っていましたが、美味しくて何にでもかけていたら3日位で使い切りました(笑)
​そしていよいよお2人のご入場!挙式は会場内でおこなう人前式で、手作り感いっぱいのアットホームな挙式となりました。証明書にサインをして下さっているのはキューピットの男性。「赤い糸」の演出も素敵でした♪
人前式後は退場せずにそのままパーティーへ。
途中、居合いのご披露をいただいたのですが、皆様も固唾をのんで見守る静けさの中、空を切る刀の「シュッ」という音だけが響いて、心が洗われるような清々しい時間でした。
賑やかで楽しいパーティーの中にこういった厳かな演出が1つ入ることでメリハリが出て、いいエッセンスになりますね。
お色直し中座の月美さんのエスコートは二人のお姉様。​啓太さんのエスコートはお祖父様とお祖母様にお願いしました。素敵なエスコートを有難うございました!
それにしても啓太さん、モテモテですね~。
​さて、茅乃舎さんは雰囲気も素敵ですがお料理も本当に美味しくて、その相乗効果でゲストの皆様の会話もますます進んでいい雰囲気になっている気がします。
お料理といえば、以前「ぐるナイ」の「ゴチになります」に茅乃舎さんが登場した事があり、その時の反響で全国からもたくさんの方が訪れるようになったようですが、確かにこのお料理と雰囲気なら遠くからでも訪れる価値は十分ありますよね。
お色直しをしたお2人がお庭から入場。和装姿のお2人、絵になり過ぎです。
​月美さんのパーソナルカラーは「サマータイプ」だというお話をしましたが、診断をお願いしているColour Treeさんでは「ファーストシーズン」だけでなく「セカンドシーズン」まで診断します。
月美さんのセカンドシーズンは「スプリングタイプ」という発色のいい明るい色がお似合いのタイプで、ここでは赤を効かせたおめでたい雰囲気が会場ともマッチしそうだという事と、実際に試着をしてみたらお似合いで月美さんも一番お好きだった事から、こちらの振袖に決定しました。他に、パステルグリーンやパステルブルーなどの振袖も試着して迷われていたのですが、お姿が見えた瞬間「この振袖で良かった!」と思いました。
​話は変わって写真の3連かまど、趣があっていいですよね。これはディスプレイではなく、実際にこれで炊き上げた白いご飯が皆様に振る舞われます。それと一緒に「採れたての卵」も出されて皆様がシャカシャカとかき混ぜて卵かけご飯を召し上がるという、披露宴ではなかなか見ない光景なのですが、これがもう大好評でして「これって究極の御馳走だよね~」と皆様喜んでいらっしゃいました。
パーティーでは、居合いの他に突撃スピーチ、お2人による和菓子サービス、ご両親への感謝の贈呈など、シンプルな内容でしたがそんな中、啓太さんの職場の皆様が余興を準備して下さいました。お笑いグループ「バンビーノ」のダンソンネタです!馬やトラ・パンダなどの被り物をして体を張って会場を盛り上げて下さいました!写真は今回のレポートに採用しませんでしたが(失礼)、お2人が皆様から愛されていることがよくわかるひとコマでした。
和菓子サービスでは、博多曲げもんの器にのせた和菓子とお2人の装いがピッタリで可愛くて♪
​ここでもゆったりした時間を過ごしていただきました。
月美さんのご両親へのお手紙の朗読&花束の贈呈という感動のシーンのあと、パーティーの結びは「あげしお」という、久原食品さんのオリジナルの締めで皆様からの温かい祝福に包まれながらお2人は退場なさり、めでたくお開きを迎えました。
そして「いいパーティーだったな~」と思いにふけりながら車で帰っていると、途中でなんと大勢の野性の鹿さん達と遭遇!アテンドさんとキャっキャっ言いながら帰宅したのでありました。
自然の中で日本の伝統を感じながら、ちょっと非日常を味わえた素敵な1日。啓太さん、月美さん、本当におめでとうございました!
​※現在茅乃舎さんではレストランでのウェディングを基本的にはご案内していないようですが、少人数の宴席や食事会などご相談ください。

お気軽にお問い合わせください

Yakuin.Chuo-ku.Fukuoka City.Fukuoka

​    https://www.amis-wedding.com/