​Wedding Report

Masum&Miharu
 Masumi&Miharu
​【会場】久留米市  GREEN HILL
【人数】約100名
【新婦のパーソナルカラー】スプリングタイプ
【メインカラー】アイボリー・ピンク・グリーン
 
dressSimplyRed
flowertsumugi
​【color coordinateColourTree
グリーンヒルでウェルカムバーベキュー
以前プロデュースでお世話になったレストランの方からご紹介頂いたお二人。穏やかで優しい真澄さんと、しっかり者でキュートな美晴さん。この4月の青空のようにさわやかなカップルです!
会場探しを始める頃、美晴さんが「ちょっと気になってる場所があるんですよね」と言うので聞いてみると、大分県のハーブ園に隣接しているスペースとのこと。
​もともと大分出身の美晴さん。ご親族も大分からのご出席も多いそうで・・・情報が少なかったので「とにかく一度、ドライブがてら行ってみましょうよ!」とお誘いして、美晴さんの運転で片道2時間半かけて訪ねてみました。
「美晴さん好きだろうな」そして「私も好きだな」というナチュラルで飾らない雰囲気で、二人で盛り上がりました!ただ、お二人が予定している招待ゲストの人数を考えると少し(いやものすごく)狭い・・・
雰囲気も大切だけど、ゲストに心地よく過ごして頂くことは大前提。
「残念だけどココはあきらめましょう(泣)」と告げたのでした。
「でも、この雰囲気が好きならきっと気に入ってくれるはずですよ」とご紹介したのが、田主丸にある「GREEN HILL グリーンヒル」さん。写真を見るなり「この雰囲気好き!」「今から行ってみたい」とテンションアップ!そのままGREENHILLさんにナビをセットしてティータイムを兼ねて寄ってみることに。そして一歩踏み入れた瞬間から心をわしづかみにされた美晴さん。後日訪れた真澄さんも気に入って下さり、めでたく会場が決定したのでした。
当日はこれ以上ない最高のお天気。テラスでは「ウェルカムBBQ」と題してビール片手にソーセージを食べながら皆さんでワイワイ♪お支度が出来上がった真澄さんも合流して、挙式が始まる前からなんともいい雰囲気でした。
グリーンヒルの結婚式
一方の美晴さんはその頃、お支度も完了してお父様と挙式入場の練習中。挙式はGREEN HILLさんのガーデンでおこなう人前式です。それにしても美晴さん、なんというリラックスっぷり(笑)
そして、美晴さんのご友人9名がお揃いドレスでいつの間にこんな可愛い写真を♪一番右のご友人がリングピローを手作りして下さり、それを皆さんでねぎらってくれてます。
実は、美晴さんから「みんなでお揃いドレスで出席して~」とおねだりしたところ「OK任せて!」と一致団結して揃えて下さったのでした。そういう事が言い合える仲っていいですよね。パステル調のドレスがグリーンにもパーティー会場でもよく映えて本当に素敵でした。
グリーンヒルのガーデン挙式
いよいよ挙式のスタートです。青空と緑に囲まれ開放的で気持ちいい~。思わず深呼吸したくなります。
厳かな雰囲気とアットホームな雰囲気の両方を持ち合わせた不思議な空間の中、とても温かい時間が流れていました。
指輪交換の時にリングボーイをしてくれた新郎の甥っ子ちゃんの表情や仕草が可愛くて可愛くて、みんなのアイドルになっていました。
ブーケトス&ブロッコリートス
挙式のあとパーティー会場に移動する前に、新婦のブーケトスと新郎のブロッコリートスで大盛り上がり!ここでも甥っ子ちゃん大活躍ですね~。
 
そして会場内のセッティングもすっかりできあがっています。
そうそう、フラッグガーランドは美晴さんが手作りしたものなんです!確か一本の長さが15mだったかな?それが2本で30m。これはなかなか大変な作業です。写真ではわかりにくいですが、実物はパステルのピンク×イエローで可愛かった!その他にも美晴さん、たくさん手作りアイテムの製作、頑張りました。
グリーンヒルのウェディングパーティー
ウェディングパーティーでは美晴さん、ヘッドチェンジをして入場。そしてウェディングドレスが挙式の時と別のものかと思いきや、実はこちらは先程のドレスの上に重ねて着るオーバードレスなんです。ガラリと雰囲気が変わりますよね。
​美晴さんのパーソナルカラー診断の結果は「スプリングタイプ」。ウェディングドレスならアイボリーなどがお似合いで、キュートな雰囲気に仕上げるとよいタイプですのでsimplyRedさんのこのドレス、似合わないわけがありませんよね。本当に可愛い!
​そしてブーケや会場装花はtsumugiさん。ナチュラルで可愛い雰囲気に仕上げてくれて、美晴さんにも会場にもピッタリでした。
グリーンヒルのウェディングパーティー
パーティーは和やかで温かくて、皆さんの笑い声が終始聞こえてきていました。
でも、美晴さんのご友人がお手紙を読んで下さったシーンでは、美晴さんも目を潤ませながら聞いていました。こちらのご友人はドレス選びの時にも一緒に来て下さった大親友。いいスピーチでした。
 
そして新郎のご友人の皆さんで歌をプレゼントして下さったのですが、最後の方は真澄さんにマイクを渡してワンマンショーのお膳立てをして下さいました。ノリノリの大熱唱で大盛り上がり!真澄さんの知られざる一面をみた気がしました。
そういえば、美晴さんは「ダウト」というビジュアル系のロックバンドが大好きで、よくライブにも行くって話をしてくれていました。最初聞いた時は「美晴さんとロックバンド」がなかなか結び付かなかったんですけど、その話をする時の美晴さんが本当にイキイキとして楽しそうで♪だからきっと真澄さんの熱唱も嬉しかったはずです。
テラスでケーキサービス
お色直しのお二人。ここでは美晴さん、ガラリとイメージチェンジ!
「ピンクの水玉のドレスが着たいなぁ。往年のアイドルみたいな感じのドレスを着るのが夢です」と言っていた美晴さん。ふむふむ。スプリングタイプの方はそういうキュートで可愛いカンジがお似合いになりますから大丈夫です!ただ、希望しているドレスがなかなか見つからず少々苦戦。そこで、お取り寄せ作戦に出たところドンピシャのドレスが見つかりました!よかった。
後半はテラスでお二人からウェディングケーキのサービスがおこなわれ、午後の陽だまりの中、皆さんの心までポカポカとなるようなあたたかいムードでした。
そして美晴さんからご両親へあてたお手紙を読んでいる時、美晴さんの涙を優しくハンカチで拭ってあげていた真澄さんでしたが、気づけば形勢逆転で真澄さんの方が涙なみだ。それを見て美晴さんが笑っているという図式となっていて、​ここもほっこりするシーンでした。
お二人の個性がよく出ている素敵なウェディングパーティーでした。
真澄さん、美晴さん、本当におめでとうございました!
さて、ここからは余談なのですが、冒頭のウェルカムBBQで登場していたソーセージは、うきはの「リバーワイルド」というお店のもので、とても美味しいんです。
どうしても帰宅後にここのソーセージを食べたい!と思ったワタクシは、ヘアメイクさんと「買って帰りましょう!」と盛り上がっていたのですが、電話した時にはもう閉まっていたのか繋がらず・・・
でも、もうソーセージの口になってしまっている2人は収まりがつかず、結局家の近所のスーパーでソーセージを大量買いして帰宅したのでありました。​以上、ウェディングレポートでした(笑)
シンプリーレッドのドレス&タキシード

お気軽にお問い合わせください

Yakuin.Chuo-ku.Fukuoka City.Fukuoka

​    https://www.amis-wedding.com/